【2018年最新】Try ITの特徴・評判

【2018最新版!】Try ITの大学受験講座とは
【2018最新版!】Try ITのテキスト
【2018最新版!】Try ITの映像授業
【2018最新版!】Try ITの勉強時間
【2018最新版!】Try ITのフォロー体制
【2018最新版!】Try ITのメリット・デメリット
【2018最新版!】Try ITの費用

【2018最新版!】Try ITの大学受験講座とは

Try ITは「家庭教師のトライ」の会社の運営する通信教育です。中学生講座と高校講座があります。家庭教師というと、勉強の苦手な生徒にマンツーマンで丁寧に教える、というイメージがありますが、その特色はTry ITにも通底します。中学講座は学校の授業のフォローアップ、高校講座は大学受験対策が目的です。

Try ITには映像授業とテキスト、問題集があり、会員登録するといずれも無料で利用できるという素晴らしい特長があります。お金をかけずに受験勉強をしたい学生にはぜひ活用していただきたいサービスです。わからないところは質問できますですが、こちらは有料です。

 

【2018最新版!】Try ITのテキスト

Try ITのテキストは映像授業に沿った内容になっています。映像授業を見ながらテキストを見て、問題を解いて学んでいきます。Try ITのテキスト、問題集はPDFで提供されています。デジタルでも確認できますが、紙で欲しいという場合はPDFをダウンロードして印刷しましょう。

また、各動画の下に「この動画の要点まとめ」があるので、それを見ながら学習するのも理解に役立ちます。カラフルで分かりやすくまとめられています。

 

【2018最新版!】Try ITの映像授業

Try ITの映像授業は、わかりやすい内容になっています。それぞれの映像授業は15分間と短いので、スキマ時間での学習に適しています。無料だから、質の悪い授業なのではないか? と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。映像授業はすべて、予備校指導経験のある講師、教材執筆経験がある講師が担当しているので、質はたしかです。むしろ、かゆいところに手が届く、きめ細やかな教え方をしてもらえます。平易な言葉づかいで丁寧に解説されているので、勉強が苦手な子が基礎を身に付けるのに役立ちます。

 

ただ内容が基礎にとどまるので、東大・京大、難関国立大、難関私大志望生には不向きです。

 

【2018最新版!】Try ITの勉強時間

1授業が15分間なので、勉強のための時間をとるのは簡単です。通学時の電車の中で見てもいいし、昼休みに見てもいい。わかりやすい内容なのでじっくり机に座ってとことん集中することを求められません。まずは1日15分間、空いた時間を使って視聴するのが良いと思います。慣れていけば2授業、3授業と増やしていくのも良いでしょう。

 

【2018最新版!】Try ITのフォロー体制

映像授業でわからないところがあったときは、質問することができます。1回500円で質問できます。トライの家庭教師が回答します。つまり、映像は無料で見られて、わからないところがあったら家庭教師に教えてもらえる通信教育と定義することができます。Try ITでは映像は無料とし、この質問を料金制とすることで運営されています。

 

映像授業を見て、質問したくなったらスマホを振る(シェイクする)と画面が質問するための画面に切り替わります。質問を入力して、送信すると回答が返ってくる仕組みです。このため、Try ITはPCではなくスマホで視聴すると便利です。

 

【2018最新版!】Try ITのメリット・デメリット

Try ITのメリット

無料で映像授業を視聴できるところが最大のメリットです。無料で、いつ、どこでも、何回でも視聴できます。よくわからないところ、授業についていけないところは何回も見直して、しっかりと頭に定着させることができます。加えて、テキストも問題集も無料でダウンロードできます。

質問して、トライの家庭教師から回答をもらうと1回500円かかりますが、家庭教師を頼むと月々3~5万円はするものです。1日1回質問したとしても月々にかかる費用は15,000円で、それに比べたらかなり割安になりますから、ここはむしろメリットです。

 

Try ITのデメリット

提供される映像授業は基礎レベルのみです。そのため、難関大学志望生の勉強に必要な内容はカバーできていません。対象となる(受講して満足できる)層が限定されるところがデメリットといえるでしょう。

 

【2018最新版!】Try ITの費用

費用についてはすでに触れてきましたが、映像授業、テキスト、問題集にかかるTry ITの費用は無料です。わからないところを質問する際には1回あたり500円がかかります。

 
[kanren_title] [clearfix] [pagelink id=12] [pagelink id=253] [pagelink id=311] [pagelink id=297] [pagelink id=304] [pagelink id=308] [pagelink id=316] [pagelink id=314] [/clearfix]

大学受験の通信講座はこちら!