【2018年最新】大学受験通信教育 総合比較

大学受験通信講座 総合比較

大学受験 通信教育を総合的に比較すると?
Z会の総合評価
進研ゼミの総合評価
スタディサプリの総合評価
Try ITの総合評価
アオイゼミの総合評価
東進衛星予備校の総合評価
Classiの総合評価
フォーサイトの総合評価

大学受験 通信教育を総合的に比較すると?

これまで、大学受験通信教育を費用、教材ラインナップ、映像授業、サポートの面で、それぞれ比較してきました。このページでは、これらの要素を総合的に見て、大学受験通信教育を比較していきたいと思います。

それぞれの要素別と、総合的な評価で比較していきます。今回は、Z会、進研ゼミ、スタディサプリ、Try IT、アオイゼミ、東進衛星予備校、Classi、フォーサイトという8つの通信教育の教材を比較しました。

通信教育名 教材 映像授業 サポート 費用 総合的評価
Z会
進研ゼミ
スタディサプリ ×
Try IT
アオイゼミ × ×
東進衛星予備校 ×
Classi
フォーサイト

こうして見てみると、やはり要素ごとにクオリティの違いはかなりありますね。×~◎まで、いろいろな記号がばらばらに並んでいます。

今回の総合比較で比較した要素の中で、どれか、特にここにこだわりたい、ここだけは外せないという要素があるなら、そこを丹念にケアしている通信教育を選ぶのも良いでしょう。その場合は、教材、映像授業、サポートあるいは費用の、要素別の比較ページを参考にしてみてください。

各通信教育の総合的な評価

それぞれの通信教育を総合的に評価していきます。

Z会の総合評価

教材と映像授業の難易度は高いです。塾に行かず通信教育だけで、難関大学に受かるか? というのは、大学受験の勉強を通信教育で考えるご家庭に今日のお悩みだと思いますが、Z会なら大丈夫。ただ、受講生を選ぶ教材づくりになっているので、必ずしも誰もが満足できるわけではありません。費用も、通信教育市場ではということですが、それなりにかかります。

 

進研ゼミの総合評価

難関大学を志望する学生には、進研ゼミは不向きです。読みやすく工夫されているので、学校の補習をしたい学生にはおすすめ。費用は割安ですが、クオリティの低さから考えると、コストパフォーマンスが高いとは言えません。ただ安いというだけです。

 

スタディサプリの総合評価

映像授業のクオリティは抜群です。サポートがつくプランを申し込めば、これも抜群の効果が得られるでしょう。教材も使えます。ただ、最上位プランにすると、通信教育の中では割高です

 

Try ITの総合評価

映像授業の授業は水準が保たれているし、家庭教師に質問できるサービスもいいと思います。品質の担保された映像授業、デジタル教材を無料で利用できるところは魅力です。ただ授業は補習塾レベルなので、難関大学を目指す学生には不向きです。

 

アオイゼミの総合評価

映像授業もテキストも品質は悪いです。チャットで生放送授業中に先生に質問できるサービスがあるのは良いです。授業は補習塾レベルなので、難関大学を目指す学生には不向きです。

 

東進衛星予備校の総合評価

スタディサプリと同様、映像授業のクオリティは抜群です。個別に学習計画を立ててくれて、相談に乗ってもらえるのもいい。ただ、費用が高すぎます。東進衛星予備校は、いちおう通信教育の体裁をとっていますが、かかる費用は通学型の東進ハイスクールと同じと考えておきましょう。お金に余裕があるご家庭にはおすすめです。

 

Classiの総合評価

これ自体が、学校の先生向けのサービスなので、先生へのサービスはかゆいところに手が行き届いていますが、生徒の使い勝手をどう良くするかということはあまり考えられていません。ClassiはB to Bのサービスなので、生徒や保護者が自分で申し込むことはないと思いますが、通っている高校で契約して、生徒は全員強制受講させられているケースがあると思います。その際、Classiで勉強するのか、自分たちで吟味した通信教育にするのか、よく考えたほうがいいです。生徒サイドから見ると魅力的なサービスではありません。

 

フォーサイトの総合評価

映像授業の質は良いですが、ラインナップが限られているので、〇にするか△か、かなり悩みましたが、映像授業で足りない分の勉強はチューターのフォローでカバー可能なので、〇としました。現在、プレオープン中なので、期間限定特別価格で利用できるのも大きなメリットです。

 

通信教育を比較するときに大事なこと

くわしくはそれぞれの大学受験通信教育の詳細ページを見ていただけると分かると思いますが、ひとくちに大学受験通信教育とはいっても、特色にはかなりの差があります。まず、対象とする学生の学力レベルに違いがあります。お子さんが難関大学を志望しているのか、そうではないのかを考え、そのレベルに合わせた通信教育を選ぶべきです。授業についていくのが難しい生徒が、東大対策講座を受けても意味がありません。通信講座の内容を理解できないし、志望大学に合わせた対策もできなくなってしまいます。

 

また、教材、映像授業、サポートあるいは費用(コストパフォーマンス)の、どの要素に力を入れるかでも違いがあります。これは優れているけれどあれはいまいち、という風に、それぞれで要素ごとに品質の差があります。今回調べた通信教育の中で、すべての要素でまんべんなくパーフェクトな通信教育はありませんでした。したがって、それぞれのバランスを見て、総合的に判断するのが、一番間違いがないと思います。

大学受験の通信講座はこちら!